知る WHAT'S 知 る

Project WILDは「自然や環境のために行動できる人」を育てる環境教育プログラムです。

プロジェクト・ワイルドの歴史

1970年 西部地域環境教育協議会(WREEC:Western Regional Environmental Education Council)設立。
1979年 WREECの年次総会で、「プロジェクト・ワイルド」を発案。
1980年 WREEC と西部魚類野生生物協会(WAFWA: Western Association of Fish and Wildlife Agencies)が「プロジェクト・ワイルド」の開発の契約を締結。
1981年 「プロジェクト・ワイルド」の開発開始。
1982年 「プロジェクト・ワイルド 小学校編」の開発、テスト、見直しを実施。
1983年 「プロジェクト・ワイルド」が公開・「プロジェクト・ワイルド小学校編」を配布・フィールドテストの最終報告書も完成。
1984年 「プロジェクト・ワイルド 中高校編」が出版・カナダでも採用。
1986年 「プロジェクト・ワイルド水辺編」の作成開始。
1987年 「プロジェクト・ワイルド水辺編」が出版。
1988年 インドでも採用。
1990年 「利用者と非利用者のプロジェクト・ワイルド教材の評価」実施 。
1991年 スウェーデンでも採用。WREECは現ウォーターコース(TheWatercourse)と提携し、さらにプロジェクト・ウェットを開発。
1992年 「プロジェクト・ワイルド 小学校編」、「プロジェクト・ワイルド 中高校編」が改訂・統合し、幼稚園児から高校生までを対象とする1冊の「プロジェクト・ワイルド本編」が完成。 「プロジェクト・ワイルド水辺編」も改訂。チェコ共和国とアイスランドでも採用。
1996年 1983年から1995年の調査結果報告の概要がまとまる。WREECが環境教育協議会(CEE:Council for Environmental Education)に移行しました。
1999年 「サイエンス&シビックス」の開発開始。
1999年 (財)公園緑地管理財団(現:一般財団法人公園財団)がCEE(米国環境教育協議会)とライセンス契約を締結し、プロジェクト・ワイルドの普及及び指導者編成を開始。 「プロジェクト・ワイルド本編」および「プロジェクト・ワイルド水辺編」の日本語版が出版。
第1回ファシリテーター(上級指導者)講習会が開催される。
2000年 「プロジェクト・ワイルド本編」「プロジェクト・ワイルド水辺編」が改訂。プロジェクト・ワイルド評価・影響調査報告書(Project WILD Evaluation Impact Studies 1, 2)が発行。
2002年 「サイエンス&シビックス」のテキストが発行。
2004年 「プロジェクト・ワイルド本編・水辺編」改訂・「新アクティビティ集」作成・「サイエンス&シビックス」導入。
2013年 「グローイングアップ・ワイルド」の日本語版を出版。
2017年 Project WILDの所管が環境教育協議会(CEE)から全米野生生物協会(AFWA:Association of Fish & Wildlife Agencies)に移行しました
2017年 「プロジェクト・ワイルド鳥編」の日本版を出版

 

CONTENTS