【 資格の取得を検討いただいている方からのご質問 】

    Q テキストは一般販売しているのでしょうか?
    A プロジェクト・ワイルドのテキストは、一般販売しておりません。 エデュケーター養成講習会に参加いただき、 プロジェクト・ワイルドの目的やアクティビティの実施方法、注意点などを学んでいただいた方に配布しております。

    Q 「プロジェクトWET」、「プロジェクト・ラーニング・ツリー」とはどう違うの?
    A 「プロジェクト・ワイルド」「プロジェクトWET」「プロジェクト・ラーニング・ツリー」は姉妹プログラムであり、「プロジェクト・ワイルド」は主に、 野生生物を対象としたプログラムに対し、「プロジェクトWET」は主に「水そのものや水資源」を、「プロジェクト・ラーニング・ツリー」は、主に「森林」 を対象としたプロフラムとなります。

    Q プロジェクト・ワイルドを利用するにはどのような方法がありますか?
    A 大きく分けて2つの方法があります。
    @指導者を派遣してもらう A指導者になる ⇒お気軽に事務局までお気軽にお問い合せください。

    Q エデュケーターになるには、どうしたらいいですか?
    A 大きく分けて2つの方法があります。
    @当事務局または全国のファシリテーターが講師としてお伺いし、一般指導者(エデュケーター)講習会を開催します。
     スケジュールや講習会開催費につきましてはお気軽にご相談ください。
    A全国の上級指導者(ファシリテーター)が主催する一般指導者講習会を受講していただきます。
     詳しくは、講習会開催予定(リンクを張る)をご覧ください。

    Q エデュケーター資格には登録料は必要ですか?
    A 登録料は必要ありません。資格を取得後は、皆様なりのアレンジを加えていくなど、自由に楽しくアクティビティを 気兼ねなく実施していってください。

    Q エデュケーター資格に有効期限はありますか?
    A 「本編」「水辺編」「S&編」のエデュケーター資格は、現在のところ有効期限はございません。
    「グローイングアップ・ワイルド」のエデュケーター資格は、資格を取得した翌年度を1年目と数え、3年目の3月31日までが 有効期限となります。


    【 資格の取得を検討いただいている方からのご質問 】

    Q アクティビティを実施する際、どのくらい生態系のことを知らなくてはならいのでしょうか?
    A 基本的には、はじめは何も知らなくても大丈夫です。 ただ、エデュケーターになる方には「野生生物への熱い思い」が必要でしょう。 テキストには、アクティビティ毎に「背景情報」が書かれています。これは、各アクティビティに必要な生態系に関する背景について解説されたものですので、最低限それはお読みください。 さらに、巻末の「生態系という概念への手引き」を読むと、参考になります。また、生態学に関してはさまざまな図書も発行されていますので、必要に応じて調べると、指導者自身の理解も深まり、 活動そのものにも幅が出るでしょう。

    Q エデュケーターの資格をとったのはいいのですが、まだ自信がありません・・・
    A 自信は、試行錯誤しながらもやってみてはじめてつくものです(一度身近な人と一緒に実施してみてはいかがですか?)。
    また、初めから完璧にこなす必要もありません。大切なのは、野生生物への理解と人間の責任について、自分がどう関わるかを明らかにすることです。
    それでも、どうしても自信がないという方は、フォローアップ講座を受けてみてはいかがでしょうか。


    Q 道具は、何を利用したらいいのでしょうか?
    A 基本的に「プロジェクト・ワイルド」の教材は、身近にある物で対処できます。特殊なものは、一切必要としません。 ただ、もし、それでも「どうしようかしら?」と思うことがあれば、身近なファシリテーターの方へご相談してみてはいかがでしょうか?  講習会の時に用いた道具などについて、ヒントを与えてくれるかもしれませんよ。

    Q アクティビティは、どこまでアレンジしていいのでしょうか?
    A 「プロジェクト・ワイルド」で最も大切なことは「野生生物や生態系に関する正しい情報と理解、そして自分で決定する能力を育むこと」です。 また、各アクティビティには「目標」が書かれています。この「目標」と全体の骨子を押さえ(例えば、ゲーム性や指導技術にふりまわされることなく)、 体験学習法のプロセスを踏まえていれば、どのようにアレンジしてもOKです。むしろ、地域の生物や環境などを積極的に取り入れ、「こんな風にしたほうがこどもたちの理解は深まった。」 というご意見があれば、どんどんお寄せください。 みなさんの実践をもとに新しい日本版のプロジェクト・ワイルドを作りましょう!

    Q こどもたちへの最初の動機づけは、どのようにしたらいいでしょうか?
    A まず、自分が「わくわくすること」を想像してみてください。何かがはじまろうとするとき、「どきどきする時」はどんな時ですか?それが最大のヒントです。もし、 アクティビティの最初に内容の説明をしすぎると、こどもたちはその説明にうんざりし、やる気をなくす可能性があります。また、これからすることの種明かしをしてしまうと、 その後の展開がみえてしまい、活動全体がつまらないものになってしまいます。これはだめ、あれはだめというマイナスイメージも禁句ですね。楽しいアクティビティはびっくり箱のようなものです。 「次に何がくるのかな?」と、常にそのわくわく感を忘れずに、指導者自身も取りくんでみてはいかがでしょうか?  ルールは明確に、そして、指導者もこどもたちも楽しい雰囲気で実施するのがポイントです。

    Q ふりかえりの仕方がわからないのですが・・・
    A 活動全体のまとめのポイントは、話したくて話したくてむずむずしている子を見つけることです。とっても楽しい活動だったら、きっとその感想を言いたくて言いたくて仕方のないこどもたちがいるはずです。 または、言葉にならなくても、その活動をとっても楽しんでいた子がいるはずです。ひっこみ思案になっている子を無理に引き出す必要はありません。「話したい!」と思っている子に最初のきっかけをつくってもらいましょう。 その後、ぞくぞくと感想がでてくるかもしれませんね。 そして、単に情緒的な感想のわかちあいに終わらないように「今、ここで起きたこと」「こどもたちの感想」をもとに、「プロジェクト・ワイルド」が目標とする概念をこどもたちが理解できるように、体験を心に落としこみ、 科学的に体系化する(概念化する)解説を行います。

    Q グローイングアップ・ワイルド エデュケーター資格を更新するには、どうしたらいいですか?
    A 全国各地で開催される「グローイングアップ・ワイルド フォローアップ講習会」にご参加いただき、シニアエデュケーターへ認定を受けることで更新されます。

    Q ファシリテーターになるにはどうしたらよいのですか?
    A ご存じのとおり、ファシリテーターは、エデュケーターを養成する指導者、つまり、指導者の指導者ということになります。そのため、まず第一にエデュケーターの資格を持っていることが大前提です。 そして、エデュケーターを育てるわけですから、自分自身がエデュケーターとしての経験をそれなりに積んでいなければ難しいでしょう。すなわち、エデュケーターとしての実践経験を自分自身で評価できるものとして判断できたとき、 その時点で、ファシリテーターの門が開かれると考えてみてはいかがでしょう。あなたがファシリテーターへの意欲をお持ちであれば、その時こそファシリテーター養成講習会を受講する価値が生まれるときでしょう。

    Q シニアエデュケーター、シニアファシリテーターとは何ですか?
     また、なるにはどうしたらよいのですか?
    A シニアエデュケーター、シニアファシリテーターとは、エデュケーター、ファシリテーター以上に知識・経験ともに豊富な指導者のことです。 シニアエデュケーターは、全国各地で開催される「フォローアップ講習会」にご参加いただくことで、また、シニアファシリテーターは、事務局が開催する「ファシリテーター資格更新講習会」に ご参加いただくことで、認定を受けることができます。

    Q テキスト(活動ガイド)は必ず購入しないといけないのですか?
    A テキストは各自お持ちいただき、書き込みなどでご自身のマニュアルを作っていただくという目的と、テキスト代には、プロジェクト・ワイルドの運営費(CEEとの契約料、修了証作成、送料、事務手数料等) も含まれているため、エデュケーターの資格を取得される方には、必ず購入をお願いしています。

    Q テキスト(活動ガイド)はコピーして配布してもいいですか?
    A "コピー可"のページ以外は一切コピーできません。 テキストにも明記してありますので、よくお読みになってご活用ください。
    それでも分からない場合は、事務局またはファシリテーターにお問い合わせください。

    Q 指導者用ページへアクセスするIDとパスワードを教えてください。
    A メールにて事務局までお問い合せください。
    なお、その際に @氏名 A資格取得日 B講師氏名 C講習会場 など分かる範囲で結構ですので情報を添えてください。

    FAQ以外のご質問や、講師の派遣依頼等ございましたらお気軽に下記までお問い合せ下さい。

    【プロジェクト・ワイルド事務局】 projectwild@prfj.or.jp